FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルセリア


テイルズの最新作が気になってる。

というかマギルゥのCM。あれだけ七回くらい見てる。

「生きている意味を、実感を与えてくれるのか?」のところで見せる笑顔がちょっと寂しそう。

ベルベットが復讐のために頑張るらしいので、強い意義を持たないマギルゥ(しかもムードメーカー)というのは

とてもいい対比に思える。

初対面でベルとマギルゥに会った場合、無愛想なベルよりマギルゥのほうが明るいと判断するのが普通なわけだけれども

実際に知り合っていくとベルの方が情緒的で(だから復讐しようとする)、理由を持たないマギのほうが冷たい一面がある

という構図になってる。

やたらとマギがベルに構うのも、マギが諦めたり理解できないことをベルが諦めないから「自分が否定されているようで怖い」んじゃないかと思うと

一気にマギが可愛く人間的に見える。

だいたい俺が好きになるキャラというのは自分が理解できるキャラ(似たようなところがある)なので、

いまの俺も何やっていいんだかわかんないから、理由なく戦うマギに共感しているっぽい。

「人は苦痛には耐えられるが、幸福には逆らえん」というのも、なんとなく諦めの混じったセリフでとてもいいなあと思う。

夜の人気のない街に向かって言うのも独り言っぽい。独り言が一番聞いて欲しいセリフなんだよね。




ベルはベルで直情的だし、復讐という戦う理由がとても好み。正義とか友情とかいらんねんな。

ただ最初はマイナスから始まった戦いが途中で仲間のために戦うことが混じり始めるとかそういうのであれば俺好み。

そういうひねくれ者じゃないと俺は理解できないのでベルにはひよらずに頑張って欲しい。

ライフィセットとの絡みもいい。ツンケンした女剣士がショタコンこじらせてるとか最高なんだよなあ。

このあたりが「本当は弱いベルが理由のために強くなろうとしている」感があって、なんていうかイイのよ。

最初から強かったり、恵まれた環境で強くなったりするのが俺は一番キライなので。

「強く見えるやつが実は一番弱い」というのはとても納得できるテーマというか、本当はそういうことなんだと思うんだよね。

強いだけのやつはいないし、強さの裏にはそれと交換で分の悪い取引をしてるもんなわけよ。シャーロックホームズがずば抜けた推理力と引き換えに友達めっちゃ少ないみたいに。

強さというのは「こんなんいらん」と言いたくなるようなものだと思うんだよな。それを持っちゃって、じゃあどうしよう、これを使って自分は何をする(何ができる)のか。とか。

ただ強ければいい、ただ正しければいい、そういう決められたレールの中での最適なラインを追いかけていくのは俺は少なくとも虫唾が走るし、嫌悪感でいっぱい。

だからベルには隠していた弱さゆえに一度は倒れそうになって欲しいなあと思う。それがとても納得力のある話に繋がる。




書いていてやはりベルセリアはとてもいい構図を持っていると思った。

普通の話はもういい。伏線を綺麗に回収なんてしなくていい。

俺に生きている実感をくれ。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

俺もベルセリアは主人公グループ全員敵幹部みてえなツラしてるからちょっと楽しみにしてる。

ロクロウニキの中盤の強敵感
プロフィール

顎男

Author:顎男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。