FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年間かんがえてきたものを


一年間考えてきたネタを握り潰して新しいのにした

電車のなかでちょっと煮詰めただけなのに試作版よりずっとよくって、やはり俺の脳味噌もまだまだ捨てたものじゃない

前からそうだけど「この話のコンセプトはここだから」っていうのに拘ってるとよくない。

それを外せばいいだけなのに外せなくなって沈没するというのはよくある話で一番困るやつ

それを外しちゃったらなんかもういろいろと伏線とかめちゃくちゃになることもあって「最初から続けてきたんだから丁寧にやっておけばいいのに」ってなることもあるけど

そんなのわかんない どっちにすればいいのかなんてびみょうなところで そのときどきで判断をつけていくしかない

という気持ち。





ときメモ2やってた。伊集院メイ様と学校生活のゴールを切り人生の新たなスタートを切った。

んで思うんだけれどもやっぱり人生には時間が少ない。どれかを選んでどれかを切るしかない。

このまま時々ときメモやったりガンプラ作ったりするだけの人生でいいのかなあ、と考えたりもする。

もし俺に才能があったとしてもそんなもんに未練はあったところで武器にはなりえないからどうでもいいんだけども、

でもこんな俺にできることが「たったひとつ」なら、それを追いかけるしかないのかなあ、という気がしないでもない。

つまり「ふつーの生き方」を選んだところで「俺ってそれを上手にできんの?」という話。小説の才能を捨てるのがもったいないとかそういうことじゃなくて、「ふつーに生きるって俺が不得意なことなんじゃない?」という。みんなが「そりゃあーしたほうが人生ラクでしょ」っていうはずのことが俺にはふつーにできないんだったら、その「ふつーの生き方を選ぶ条件」って俺とみんなじゃ違うんじゃねーかなって。

べつに報われたいとか成功したいとかじゃなく、「それしかできないんだったらそれやって死になよ」という気持ちが俺には自分にもあるし他人に対してもあって、結局やっぱりそれが一番「仕方のない生き方」なんじゃないかなーと。結局、最後はハーレムにはできないわけで。「あーあ」と思いながらケリつけるわけで、その「あーあ」を「うわっ・・・」にしたくない。やっちまったなと思いたくない。やるしかなかったと思いたいんだよね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 最近あの世横丁読み返してたんだけどアンナちゃんかわいすぎてあの子を殺したあごを許せそうにないけどアンナちゃんはあの結末が一番合っているような気もするしもうなにがなんだかわかんなくなってきたからアンナちゃんの短編もうちょっとくださいお願いしますなんでもしますから!

No title

そもそも「普通」の生き方なんて無いんだよ
人間それぞれ別人なのに、一般的な生き方だの一般的な人生だのがあってたまるかよ
そんなのはもう人間じゃない、見分けのつかない犬畜生どもの動物生だろ
人は自分の信じる理想を、幸福を追い求めて生きるべきなのに
とりあえず楽な生活、リスクのない生活に逃げ込むとそうなる
ふつーに勤めてふつーにガキ作ってふつーに歳食ってふつーに老衰する
それを本気で望んでないのならば、そんな一生は過ごすだけ無駄だろう

No title

>アンナちゃんをよみがえらせしもの
アンナちゃんってキャス子の本名でしたっけ?
ものすげー勢いでカンペキ忘れてるので教えてくれたら思い出します!

>ななしさん
動物生を悪くないかなって通帳見ながら思ったりもするけど、くすぶるハートに火がつくのんなぁ・・・
プロフィール

顎男

Author:顎男
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。